らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
489 名前:本当にあった怖い名無し 1/3[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 13:44:37 ID:wl926qMR0
去年の俺の実体験話。

仕事と人間関係で疲労困憊、体調を崩して退職、一時期田舎の実家に帰っていた。

実家は、母方の親戚から譲り受けたもので、古いけどそこそこ大きくて綺麗。
父親は亡くなって母親が一人で住んでる。
ちなみに母親は真面目で勤勉、信心深く寺通い・墓参り・仏壇にお供えなど欠かしたことはなく、
そして霊感はない、という霊に絶対取り付かれそうにないタイプ。

実家は台所・居間・和室×3(仏間あり)・洋間1・他の構造。
一番の問題はこの洋間で、明るく綺麗な他の部屋と違って
明らかに空気がよどんでいるというか、重い。
掃除や風通しは毎日してあっても、この気配はどうしようもない感じ。
俺は実家に泊まる時はこの部屋に布団を引いて寝るんだけど…。




490 名前:本当にあった怖い名無し 2/3[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 13:45:41 ID:wl926qMR0
実家に戻った二日目の夜だったと思う。
夜、普通に明りを消して寝てると、首筋とか頬にさらさらと髪が流れる感触がして目が醒めた。
目が醒めた、というよりちょっと眠りが浅くなった感じ?
なんか邪魔くさい、と思って、無意識に手で払って寝返りをうったけど、
よく考えたら(考えなくても)俺は髪は短いんで、そんな髪の感触がするわけはない。
なんとなく変だな、と思いつつ、寝返りをうち目を開けたら。

女が『にたぁ…』って笑ってた。

肩より長い髪の女の顔が、添い寝されてる感じの位置で。
『うわあああ!!』
と思って飛び起きた。(多分叫んではいない)
女は首しかなく、立ち上がった俺を床に首を起こして俺を見上げて『にたにた』笑ってた。

もう必死で明りをつけようと、手探りでスイッチを探してつけた。
それで女は消えたんで、そのまま明りをつけて朝まで寝た。




491 名前:本当にあった怖い名無し 3/3[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 13:48:21 ID:wl926qMR0
その後
母親に言うと余計な心配をかける(ついに頭まできたかとか)ので、
とにかく明りは消さないでくれ、とお願いして
数珠とか、盛り塩とか(言わなくても充分あやしいよな…)して寝る日々が続いた。
(何故部屋を変えなかったのかと、今なら思う)
それでも、夜中の2時頃には不思議と目が醒めてしまい
物音とか気配が気になって仕方なくなった。
(気にしすぎか本当かよく判断がつかないのでここら辺は割愛)

最終的な解決法は、その手の話に強い知り合いの
『人の多いところに行ってそれ(霊?)をうつして来い』
という、ちょっと他の人には申し訳ない方法だった。
2日位連続で出歩きスーパー内(田舎だから選択肢が少ないw)とかを歩き回った。
ある日ふと、すごく楽になって、その日から朝まで普通に寝れるようになった。

後日談。
俺には直接言わなかったけど
母親はやっぱり精神的におかしくなったんじゃないかと、心配していたそうだ。




492 名前:本当にあった怖い名無し 2/3~3/3[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 13:51:25 ID:wl926qMR0
ごめん。女を見た翌日の話をコピペ失敗してた。

>>2/3と3/3の間

翌日の夜。
なんか気味悪いんで明りをつけたまま寝ていたら、母親が消してくれてました。
夜中にふっと目が醒めると背後から人の呼吸が聞こえる。
気の所為と思っても消えなくて、それどころか位置が動いている。
結局また
『うわぁぁぁ!』
と思って飛び起きて明りをつけた。
時計は2時前後。明りをつけたままその日も朝まで寝た。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。