らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
172 名前:1/3[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 22:05:30 ID:hDk+tm+90
ちょっと長いけど、自分と友人Aの話。

自分は家系的に霊感ってもんがないんだけど何故か自分は家族の中では不思議なことにあうことが多い。
日常的に幽霊を見るなんてことはないけど何度かは見てる、はず。
自分にはっきりと霊感があるとは言えないので自信がない。
あと自分は気づかなかったけど、自分の部屋には5、6年ほど幽霊が住み着いて同居していたらしい。
自分はそんな感じなんで、オカルト系の知識はほぼありません。
友人Aは家系的に強い霊感があるらしく、いつも腕に古ぼけた数珠をつけているようなやつ。
念仏唱えられたり、やたら仏教のことについて詳しかったり、オカルト駄目って人にはドン引きされるようなやつ。
Aとは中一の時に知り合い、クラスは違ったけど同じ部活だったんで二学期辺りから仲良くなってった。
それでAと一緒にいると不可解なことがよく起きるわけで。

この話は中二の一学期の林間学校の話。
林間学校の内容は一泊二日で海で遊んだり、山に登ったりって感じのもの。
でもAにとっては海や山ってあんまり相性が良くないらしくずっと青い顔して普段より大人しかった。
海については言わなかったけど、山では幽霊とよくすれ違うらしい。
だからか教師がおばけ役をする肝試しは全然怖がらないA。
肝試し中怖い話をしたり、カゴメカゴメをわざと不気味に歌うAの横でビビリ続ける自分。
肉体的にも精神的にも疲れきって一日目のスケジュールは終わり、就寝。




173 名前:2/3[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 22:07:04 ID:hDk+tm+90
で、その夜事件は起こったわけだ。
林間学校は「○○少年自然の家」なんていう古い施設に泊まったんだけど、あそこってなんて書けばいいのか、
大きい部屋に一階と二階に分けて畳が敷かれていて、生徒はハシゴで行き来できるっていうの?
二段ベッドではなく、一階と二階に分かれて布団敷いて雑魚寝って感じの部屋だったんだわ。
それで自分達は俺は二階、Aは一階という風に分かれていた。
十時に就寝して、自分はぐっすり熟睡してたんだけど、突然叫び声で起こされた。
何事かと思い目を覚まし、枕元に置いていた腕時計を見ると深夜2時過ぎ。
一階のやつらが煩くしてるので、一階のやつらをハシゴのところから見下ろすと、一階のやつらパニック状態。
二階の自分達は何が何だか呆然と顔を見合わせる。
特に酷かったのがクラスの不良の中心的人物で、普段偉そうにしてるくせに、何故か泣いている。
ただ騒いでいるだけなら、またかと思うだけだけど、ちょっと普段とは違う。
他のやつらがどう思っていたのかは知らないけど、俺は演技だとは思わなかった。
それだけ騒いでりゃあ、教師が来ないわけないわけで、教師二名到着。
最初は怒鳴りちらしてたけど、その不良何人かが怯えきっていて、教師の態度も軟化。
過呼吸気味の不良達を落ち着けるためにその場で熱心に話を聞いてやり背中なんかを擦ってやってた。
そいつらの話によると、そいつらのうちの一人が金縛りにあい、何人かが窓の外に変なものを見、
一人が突然床の上をうろうろ歩き出して、挙動不審な行動を取り始めたらしい。

教師二人は呆れはしていたけど割と優しかった。
その場が落ち着くまでそいつらの傍にいてやり、他の生徒達にも「お前らが寝静まるまでここにいるから大丈夫」
というようなことを言って、みんなそれぞれ布団に戻った。
自分も眠い目を擦りながら布団に戻った。
足元を見るとハシゴの向こうに、首をだらんとさせた虚ろな目の人達が見えたけど、
静かに寝かせろ馬鹿野郎と思いながら寝た。




174 名前:3/3[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 22:08:02 ID:hDk+tm+90
翌日一階で騒いでいた不良たちは昨夜の件には触れず、食堂でも大人しくしていた。
そいつらとは仲良くなかったやつらは朝食を食べながら昨夜のことをこそこそと話していた。
Aと比較的仲が良く、Aの霊感のことを知っているやつらはAに寄ってたかって昨夜のことを聞いていた。
でもAは歯切れが悪かった。
何聞かれても「そうなんじゃないの?」「あいつらに聞いた方が早いよ」みたいな。
そんなAが期待外れだったらしく、クラスメートはすぐにAから興味を失い、
それぞれいつも通り仲の良いやつらとかたまっていた。
同じテーブルのやつらが他の話題で盛り上がっているときに俺はAに言った。
「昨日の夜、ハシゴの向こうに首がだらんとした目が真っ黒い人達見たよ」
Aは苦笑しながら「不良たちが言ってることは本当だよ」と言い、
「マジで憑かれてたしね(笑)」
ちょっと小馬鹿にしたような言い方だった。
緊張感が無かったので、不良に憑いたものはそんなに悪いものではなかったのかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。その辺はAのみぞ知る話。
それ以上深夜に起きた出来事に興味はなかったので、そこで話を変えた。
「今日山だね」と二日目のスケジュールの登山についてAに言うと、Aは憂鬱な顔をした。
「そっちの方が大問題だよ」
そう言ってAは左手首につけている古ぼけた茶色い数珠をすりすりと擦っていた。

この話はこれで終わりです。
中学時代はAといると日常生活でもこの手の不思議なことがよくありました。
あと不思議な話聞かせてもらったり、A的自分の評価話とか。




175 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 22:50:44 ID:QQldsvWLP
>>174
ちょっと!
山の方が大問題とか言ってるのに、その話はないの?
あと、中学校とかって、アクセサリーとか、持参禁止みたいな学校多いと思うけど、
数珠は取り上げられたりしたことはないの?
○○少年自然の家って名称は、全国共通なのかな?
名前と、あと部屋の構造(1階と2階が畳敷きで、はしごでつながってるが、二段ベッドではない)
が、地元の少年自然の家によく似てる。
どこの建物も一緒なのかな?




177 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/06/26(土) 23:15:07 ID:hDk+tm+90
>>175
Aにとっては大問題だったのでしょうが、自分には見えないものなので。
いちいちAが見えたものを自分に話してくるとかはありません。
基本的に自分はAから聞き出そうとしませんでしたし、
Aも話したくなったら話すっていう人でした。
数珠についてなんですが、一応Aの親御さんから学校側に話はいってたみたいです。
極めて宗教的な話なので学校側は黙認だったのかもしれません。
あとうちの中学は地元でも悪い中学で、窓ガラス割られたり、
バイクが学校に突っ込んできたり、学級崩壊してたりだったので、
Aの数珠ごときにいちいち教師は構ってられなかったでしょう。
○○少年自然の家はこの話書くときに検索したら全国にあるようです。
ただ綺麗なところはめちゃくちゃ綺麗。
自分達の泊まったところは本当に古かったです。




191 名前:登山合宿 1/3[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 04:16:42 ID:AwUNetHl0
>>172の友人Aとの話を書いた者です。
あんな話を書いたら怖くて寝られなくなってしまったので、中一の時の登山合宿の話もついでに書きます。

時期が一学期なのか二学期なのかちょっと思い出せないけど、
Aとは仲良くなっていたので、秋くらいに合宿だったのかな?
合宿はキャンプ場に宿泊で生徒はそれぞれ班でテントで寝ることになっていた。
テントっつっても自分達で設置するようなやつではなく、
すでに設置されている比較的大きなもので、自分の班は6、7人いたと思う。
一日目はレクリエーションと飯盒炊飯とキャンプファイヤーで比較的時間に余裕はあった。
空き時間はお互いのテントを行き来し、トランプをしたり、お菓子を食べたりして楽しんでいた。
自分の班とAの班の人間は仲良かったので、キャンプファイヤー後自分の班のテントにAの班のやつらが遊びに来た。
自分の班のテントではお菓子を食べ、ウノをして盛り上がってた。
一部のやつらはゲームや部活、恋愛の話をしたりしてね。
そうしていると、Aは急にテントの上の隅の方を見上げてじっとしてる。
猫とか犬とかも時々じっと空を見上げたりするけど、Aのもあれに似ている。
Aには部活中も度々そうゆうことがあった。
だから自分はまたかと思い、その時自分もAの視線の先を見た。




192 名前:登山合宿 2/3[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 04:17:44 ID:AwUNetHl0
そこには顔が浮かんでいた。
輪郭はぼやけて広がっていて、青白い、女の顔。
口元が歪んでいたのでおそらくは笑っていたのではないかと思う。
自分はその時「久しぶりに見えたなー」などとぼんやりと思ってた。
でも内心ビビりまくり。自分の顔は引き攣っていたに違いない。
視線をAの方に戻すとAは不思議そうな顔をして俺を見ていた。
自然な流れで自分とAはトイレに言ってくるとテントを出た。
トイレまでは少し距離があって自分達は無言で歩いた。
そして意を決して自分はAに「顔が浮かんでた」と言った。
Aは「うんうん。そうそう」みたいにちょっと嬉しそうだった。
自分はAが霊感強い人だとは知っていたけど、別に自分はAと二人してオカルト話を積極的にするようなことはそれまでなかった。
だからAはその時俺が見えたりするってことを初めて知ったっぽくて驚いていた。
それで一応トイレで用を足して、広場の大きな石に座って、あれやこれやと話し合った。
Aの口からAの家系の話を聞いたのはその夜だったと思う。
Aが山と相性が悪いと聞いたのもこの時だった。




193 名前:登山合宿 3/3[sage] 投稿日:2010/06/27(日) 04:18:59 ID:AwUNetHl0
最初の話で「山での話は?」ってあったのでこの時の山での話。
登山はクラスごとで登らなければならなかったんだけど、
最初はクラスごとに登っていた生徒達もそれぞれ仲の良いやつらと登るようになっていた。
自分達も同じで、テントの時のように自分の班とAの班のやつらで登っていた。
自分達もだるいだるい言いながら登ってたけど、Aがキレ気味に自分に向かって、
「お前(幽霊と)すれ違ったりしないの?全然なの?」
という風に聞いてきたけど、俺は普段全くといっていいほど見えないので笑顔で「全然」と答えてやった。
そしたら「お前も苦労しろよ!」とA半ギレ状態。
でも山頂付近では形勢逆転して、高所恐怖症の自分にAが「今どんな気分?」とかにやにやしながら聞いてくるので、
下りの時には喧嘩寸前までいったけど、お互い色々ときつかったので、普通に登山の愚痴を言いながら下りてった。

山での話はこんな感じです。
怖い話っつーか友人Aとのただの実話でした。またも長文すみません。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。