らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
160 名前:1/4[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 07:44:37 ID:m/Rom7c00
いろいろな人に話した体験談なので、聞いたことあったらごめん。


20歳を過ぎた頃、自動車免許を取るためにF県にある教習所に行っていた。
合宿プランで2週間。
教習所と宿泊先ホテル間でバス送迎付き。

ホテルで同じ部屋割りになったのは、自分を含めて4人。
自分は1人で行ったし、ほかの奴らも1人で来ていたようで、
年齢も出身も職業も違う人と一緒に生活するのはストレスでもあり楽しくもあった。

部屋は2階の突き当りにある和室で、4人が一列に布団を並べて寝る。

教習が始まってから3日か4日か経った深夜(4時頃だと思う)、
ボイラー音みたいなうるささを感じて目が覚めた。
ぶうー……ん…… という音みたいな耳鳴りみたいな感じで、
てっきり誰かが風呂の換気扇を消し忘れたんだと思った。

それにしても寝起きが悪い自分が妙にすっきり目が覚めた。
換気扇のスイッチ確かめるのめんどくさいな… と思っていたら、
部屋のドアが開くときの ギィィー という控えめな音がした。

ドアの鍵をかけ忘れたはずはない。

あれっ? と思ったとき、はっきり足音を聞いた。
畳の上を静かに歩いてきた。
不思議とそれほど怖くはなかったけど、
まじかよー自分が起きてるのばれませんように とか考えてた。
が、その直後に足音は頭上で止まり、金縛りにあった。
疲れてたし放っといてそのまま寝たと思う。




161 名前:2/4[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 07:45:49 ID:m/Rom7c00
それから1週間ほどは何事もなくすぎて、
同じ部屋だった4人のうち2人は順調に進んで卒業していった。

残った自分ともう一人(E)は、ホテル側の都合で部屋を移っていた。
前の部屋と同じく2階で、やっぱり和室。
いくぶんゆとりを持って布団を敷くことができ、
Eは4人の中でも一番話しやすい相手だったので、よくおしゃべりしてた。

卒業検定が迫った日の夜のこと。
位置関係はこんな感じ↓

←窓  E 自分   ドア→

2時くらいかな。ぐっすり寝てたと思うけど、自分が話してる声で目が覚めてきた。
でっかい寝言じゃなくて、人と話してる感じで、口もしっかり動いているし
話の内容もなんとなくわかる。(今は何を話してたか忘れてしまったが)
自分は横を向いて寝てて、目の前に横になってる人の気配を感じるので
Eが目を覚まして話しかけてきて、自分は寝ぼけながらも話し相手になったんだと思った。

でもそのとき気づいてしまった。
自分が顔を向けてるのは、ドアの方だということ。
ドアの方向には誰も寝てないはず。

じゃあ今誰と話してる? Eの偽者じゃね?

そこまで考えたとき、また金縛りにあった。
ちなみにこのときまで、口は勝手に動いてなんかしゃべってた。誰かと会話してた。
金縛りになった途端に静かになった。

このときも疲れてたのでそのまま寝た。




162 名前:3/4[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 07:46:35 ID:m/Rom7c00
無事に卒業検定に合格して、帰ることになった。
電車に乗り、同じ日に教習所を卒業した子(K)が同郷なので
同じボックスに座って世間話をしてた。
Kは泊まっていたホテルも同じで、3階にいたらしい。

Kも心霊ネタが苦手じゃないことを確かめて、
ホテルであった二度の金縛りのことを話した。

このときはまだ、自分の体験は気のせいだったんじゃないかと思ってた。
零感だし、あまり怖くなかったし、すぐ寝たし。

話し終えたら、急にKが黙った。(Kは元気キャラでよくしゃべる)
K「私と同じ部屋だった子、霊感があるって言ってた」
K「2階に幽霊がいるって言ってたよ」


そのときなんか背筋が寒くなった。




163 名前:4/4[sage] 投稿日:2010/06/25(金) 07:52:25 ID:m/Rom7c00
おしまい。
怖くなかったらごめんねw
本当に零感なので、オカルトっぽい体験談はこれだけ。

ただ、この合宿に行っている間に妹の友人の父親が急死しただの
妹も金縛りになって手足を斧で切られそうになっただの
妹にやたらととばっちりがいったw

金縛りの感覚を体が覚えてしまったのか、
このときからけっこうな頻度で金縛りを食らうようになりました。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。