らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 15:58:19 ID:C2iORYtQ0
出来のいい話・文章を求めてる人の期待に添えるような話ではないので、
そういう人はスルーしてくれるとありがたい。


友人の一家はそろってオカルト好きで、家族でコックリさんをしたりするそうだ。
その友人が言うには、コックリさんというのはそういう名の何かがいるのではなく、
一番手近の霊が呼び出されて答えてくれる仕組みなんだとか。
そんないい加減なことで質問に答えられるものなのかと思ったが、案の定、
答えられない場合もあるとのこと。以下、その例として友人が語ってくれた話。

ある冬の日、夕飯前に一家全員でコックリさんをしたのだが、何を尋ねても
「しらない」「わからない」、脈絡なく「おかあさん」の繰り返しで、要領を得ない。
試しに名前と歳を尋ねてみると、4歳の女の子であることが判明。
(名前は忘れてしまった。ごめん)
それ以外のことは何も解らず、とりあえずお帰り頂いたそうな。
ただ、すぐに帰ってくれたわけではなく、小さい子がぐずるように
「おかあさんどこ」「いっしょに」などの言葉を何度か示したという。

その翌日の新聞に、小さくではあるが、前日のコックリさんと同名の4歳女児が
交通事故で亡くなったという記事が出た。友人宅からさほど遠くない交差点での事故で、
そういえば救急車だかパトカーだかの音が少し聞こえていたかも、とのこと。

偶然かもしれないし、コックリさん自体信憑性がどうなのかわからないが、
友人の話を信じるとして、「いっしょに」はお母さんに対してだったのか
道連れ的な意味だったのか…とちょっと考えてしまった。




24 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/10(月) 16:04:41 ID:NG4fhD9m0
一家揃ってコックリさんってのが怖すぎるw



28 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/11(火) 10:57:12 ID:tqxAcSLF0
>>23
ほんのりセツナイ(つД`)




74 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/14(金) 22:07:26 ID:WR3ODBKe0
>>23
規制で亀になっちゃったけど。
俺も中学~高校のころ、面白半分によく家庭内でこっくりさんやってたな。
正確にはこっくりさんではなく「エンゼルさま」ってやつで、二人以上で鉛筆を握り、
霊が来たらその鉛筆が勝手に動き出すってやつ。

エンゼル様エンゼル様って呼びかけるんだけど、応じてくるのはホントに低級な霊ばかりだった。
全く会話が成立しない奴は動物霊だったんだろうな。
そーゆーのはつまらないので、すぐに帰ってもらってたw

いくらかなりとも会話が通じるのは人間の霊。
初っ端から「の・ろ・う」なんて言われてビビらされてもw、相手の年齢を訊くと大抵は幼い子供だった。
どこに住んでるの?と訊くと具体的に近所のマンション名を応えられたりね。
「ママといっしょに住んでる」とか、、、やっぱり「おかあさん」「ママ」って言葉はよく出たね。
幼すぎて自分が死んだことに気が付かないんだな、
ずっと親のそばにいて成仏できないんだなと思うと悲しかったよ。
絵が好きかどうか訊いてみて、好きと応える子には台紙の空白に絵を描かせたりもした。
女の子はお姫さまの絵とか描くんだぜw
ちょっとしたことだったけど、いくら絵が好きでも死んだら筆は持てないからね、
いくらかでも供養になってればいいなと思うよ。

エンゼル様絡みではホントに色んなことが起きたから、
「目には見えないけどすぐ隣にある世界」について色々勉強させてもらった。
なんか思い出しちゃったのでカキコしますた。長文すまん。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。