らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
357 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 23:50:55 ID:ua8dAc0m0
20歳位の時、祖母と一緒に車で出かけた時の話。
道に迷ってしまい、舗装もされていない山の細道をUターンすることもできずとにかく進んでいた。
その道は左側が崖のようになっていて木が生い茂り、ガードレールがないのでかなり怖かった。
不安になりつつ仕方なく進んでいると、見慣れた場所にでて無事帰ることができた。
時間が余計に2時間くらいかかってしまったけど私も祖母も帰れたことに安堵した。
それから半年ほどたったある日。
その時のことを突然思い出した。

崖っぷちの山道を進んでいると急に左側の視界が開けて、
青いネットを全体にかぶった建設中の建物の頭が見えた。
その建物は5棟くらいあって、ひとつひとつがとても巨大だった。
あまりにも立派だったので、建築に興味のある私は車を降りて何階建か崖下を覗き込んだ。
下が、見えない。階数を数えられないほど、高い。
その建物は谷に建てられていた。
見てはいけない物だとすぐに察した私は、
祖母には良く見えなかった、すごいねーと適当に言いその場を離れようと車を出した。
ちょっと進むと工事現場の交通整理みたいな格好をしたおじさんが合図を送ってきたので、車を停めた。
どこに行っているのか聞かれたので、道に迷っていることと行きたい場所を告げた。
その交通整理のおじさんは、突然何かを取り出し私たちに向けてものすごく強い光を当てた。
私と祖母は気を失った。
気がつくと車の中で寝ており、帰らなきゃ、と思った。
気がついた場所は行き止まりだったのでそこでUターンすると、帰ることができた。
意識が朦朧としていたのか、
不思議と覚えのない場所に車を停めていた事や寝ていた事は気にならなかった。



358 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 23:52:55 ID:ua8dAc0m0
私は、巨大な建物を見たこととその後のことを忘れていた。
突然「あ!」と言う感じで思い出した。
思い出したのだから、夢とか妄想ではない。
あの建物はなんだったのか。
なぜ人の記憶を消すことができたのか。
そして、なぜ突然思い出せたのか。
いろいろと不思議です。

私の憶測ですが、あの建物は軍事施設ではないか。。
道に迷ったあたりは電波の入りが非常に良い地域。
外から見たら永遠に建設中で、実は中は完成しているような気がする。
迷った場所は見当がつきますが、もう一度行く勇気はない。
あと、道を間違えたところからすると、方向的に帰られるよう移動させてもらったとしか思えない。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。