らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
721 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 17:50:58 ID:XJ816p2x0
高校時代の知り合いに関して気になるエピソードがあるので書き込ませてもらう。

その知り合い(仮にAとする)は高校時代は別に親しくもなかったんだが、
同窓会で急に親しくなってそれからよくつきあうようになった。
昔は根暗で人見知りだったAも、今では社交的で明るく、小さいながらも会社を経営している。
羽振りもよく、一緒に飲んだらよく奢ってくれるし、彼女も美人で申し分ない。
そのAと道でばったり会った。こっちが声をかけたら、Aはしばらく呆然としている。
疲れているのかな、と思って、今度また飲みに行こうと言って別れようとしたら、Aが俺の手を掴んだ。
「話したいことがあるんだ。その、おまえの会っているAについて詳しく教えてくれないか?」
何を言っているんだと思いながら、いつも奢ってもらっているので近くの喫茶店に入った。
いつものAと違って、なんだか大人しく、覇気も感じられない。昔のAを思い出させる。
「実は、俺じゃない俺が出歩いているみたいなんだ」
何を言っているのかさっぱり分からない。Aは目の前にいるのに。
「おまえ、経営を誰かに任せて少しのんびりしたら?」
「そうじゃない。俺は会社経営者じゃない。ただのリーマンだよ。おまえの会っているのは多分俺じゃない」
「会社倒産したのか?」
「俺は大学を卒業してずっと雇われの身なんだよ」




722 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/28(日) 17:53:24 ID:XJ816p2x0
Aの話によるとこうだ。
最近会ってもいない親戚とかからお礼の電話が来たりする。最初は生返事で誤魔化していたが、
この間は両親から電話がかかってきて、彼女の両親に挨拶したいと言い出した。
「俺は仕事が忙しくて田舎に帰っていないし、法事にも顔を出していない。なのに、俺そっくりな誰かが、
法事に出て親戚と雑談したり、両親の元に返って彼女を紹介したりしている」
目の前のAは彼女なんていないし、彼女がいたこともないと主張する。
俺はからかわれていると思って、携帯のアドレスから、Aの携帯へ電話を入れてみた。
目の前のAから着信音が聞こえてくる。俺は呆れかえって溜息をついた。
「おまえ、ふざけるのもいい加減にしろよ」
「信じてくれないかもしれないけど、本当に別の俺がいるんだよ」
そう言うと、Aは名刺を出して、裏に電話番号を書き殴った。
「今度、俺に会っているときに、ここへ電話してくれ。別の携帯だ」
それでその場はAと別れた。



723 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 17:55:08 ID:XJ816p2x0
その後、数日後にAから電話がかかってきた。声の明るさからして会社経営の方。
「契約が終わって祝杯を挙げたい気分なんだ。つきあわない?」
俺は先日のこともあって、少し迷ったが、どうせAが種明かしをするだろうと思って、つきあうことにした。
場所はちょっとオシャレなカクテルバー。Aは先に一杯やっていた。
「よお、久しぶり。今夜はおごりだ」
「契約お疲れさま」
俺とAはしばらく雑談しながら飲んでいたが、Aが種明かしをする気配はない。
軽く酔いが回った所で、俺はリーマンのAから手渡された番号へ携帯から掛けてみた。
目の前のAから着信音が鳴って、Aが、ばれたか、という顔を見せると思ったからだ。
Aから着信音は聞こえてこない。でも、携帯は誰かとつながった。
「もしもし・・・・Aです」
それは紛れもないAの声だった。なのに目の前では会社経営者のAが悠然と飲んでいる。
「もしもし、○○です。Aだね、確かに」
「そうだ。Aだ。もう一人の俺が、そこにいるんだね?」



724 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/28(日) 17:58:40 ID:XJ816p2x0
酔いは一気に醒めた。頭の中が混乱してきて軽く目眩がしてきた。
「誰と話しているんだい?」
目の前のAが気軽そうに尋ねてくる。その笑顔がとても不気味に見えた。
「・・・・Aだよ。君と電話で話しているんだ」
目の前のAが怪訝そうな顔をする。電話の向こうのAはそいつと代わってくれと頼んでいる。
「僕と話している?」
「君と話したがっている」
「代わっても良いかな?」
俺は無言で頷いて携帯電話を差し出した。Aはその電話を受け取り、話し出した。
気持ち悪くなった俺は席を外し、トイレで思いっきり吐き出した。
何がなんだか訳が分からない。多分、A達はもっと訳が分からないのだろう。
席に戻ったら電話は終わっていた。Aは小難しい顔をしている。
何を話したのか聞きたかったが、教えてくれそうな雰囲気でもない。
「帰ろうか」
目の前のAが言った。俺も同意した。そしてそのまま別れることにした。

それからもしばしばAとは会っている。会社経営の方だ。結婚もしたらしい。
でも、あのバーでのことは話題に上らないし、俺も切り出す勇気がない。
今は録音機器も発達しているし、Aなら部下を使って悪戯も可能だろう。
いつかAが種明かしをする日を待っている。だけど悪戯じゃなかったら・・・・・





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。