らいぶろちゃんねる

「引退」は ちょっと長めの ログアウト
ROへっどらいん。
2chへっどらいん。
にゅーすさいと
短レス・動画・画像・その他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【日記】(・x・)ノ◇チラシの裏82枚目【雑談】
http://enif.mmobbs.com/test/read.cgi/livero/1244007506/818

818 名前:(○口○*)さん[sage] 投稿日:09/06/19 18:31 ID:+Yqbdi6zO
ログインしていつもの所に行き、彼に会う。
お金が無かったアコの時から、お金の世話をしてくれた彼のもとへ。
先程プリーストになった時、彼に会いに行ったら
「プリーストになったんだね、おめでとう」」
「初めて会ったときにはアコライトだったのに、時間が経つのは早いね」
「あ、そうそう。転職のお祝いあげるね。」
などと、優しく接してくれた貴方。
貴方のおかげで、私はプリーストになれました。
貴方がいなかったら、私はプリーストになれなかったかもしれません。
本当にありがとうございます。
頂いたカードが1.5Mで、今までにもらって貯めてた収集品が1.2Mで売れました。
これからもよろしくお願いします、マンドラゴラさん。


819 名前:(○口○*)さん[sage] 投稿日:09/06/19 18:34 ID:kjAbGn9S0
なんかのコピペかもしれんがワロタw


821 名前:(○口○*)さん[sage] 投稿日:09/06/19 19:04 ID:reOcAyEd0
くそうオチでwwwww


929 名前:(○口○*)さん[sage] 投稿日:09/06/21 21:43 ID:baXe3e/DO
プリーストになってからそれなりの時間が経ち、私は変わらない日々に少々飽きを感じていた。
漠然と、感じているものは不安だった。
支援に特化しているプリーストである自分は、一人では生きられないだろう。
ギルドに所属してはいるものの、出来上がっている人間関係を壊さないように、積極的にギルドの人達を誘う事はしていない。
コミュニケーションはとっているが、このままではいずれ疎遠になり、このギルドに居づらくなるのではないだろうか
ネガティブな思考を続けていると、不意にwisが届いた。
from マンドラゴラ「こんにちは」
to マンドラゴラ「こんにちは」
from マンドラゴラ「あれ、元気ないね。何か悩みでもあるのかな?」
to マンドラゴラ「いえ…そんな事ないですよ」
from マンドラゴラ「僕でよければ、話しを聞かせてもらえないかな」
from マンドラゴラ「いつもの所で待ってるから、気が向いたらお話に来てね」
その言葉を聞き、私はすぐにポータルを開く。
プロンテラの東にメモをとってある、すぐに会いに行けるように、アコライトの時から変わらないメモだった。
息を切らせながら、私は迷いの森にある泉に着いた。
「こんにちは」
彼は穏やかに笑いながら、私を見つけるといつもと変わらない挨拶をしてきた
それだけで、涙が溢れ、止まらなかった
「私…私…」
声が自然と上ずる。涙声なんか聞かれたくなかったから、次の言葉が言えない
彼はそのたくましい触手を、私の背中にまわして優しく微笑みながら言った
「何も言わなくていいよ、辛かったんだね」
その言葉を聞いて、感情が溢れてしまった
みっともないくらいに声をあげて、私は彼にすがりつき、泣いた
彼は私が泣いている間、優しく語りかけていたけど、内容はわからなかった
でも、彼の優しい声は子守唄のようで
私は、彼の触手の中で気付かず眠りに落ちた


931 名前:(○口○*)さん[sage] 投稿日:09/06/21 21:53 ID:ma/7FFM+0
いつだか見たゴルァの続きだろうか・・・


934 名前:(○口○*)さん[sage] 投稿日:09/06/22 02:49 ID:bZQJoDz90
こう見えた会話ログ
to マンドラゴラ「こんにちは」
from マンドラゴラ「何か用かな」
to マンドラゴラ「茎いっぱいとカードくれましたか」
from マンドラゴラ「あげてない」
to マンドラゴラ「そうですかありがとう、触手すごいですね」
from マンドラゴラ「それほどでもない」

やはり懐に優しかった
しかもROエロの常連なのに謙虚にそれほどでもないと言った。











コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/01(木) 22:19:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。